top of page
  • 執筆者の写真あさだ

#5 京丹後市 学習塾 速読教室 スピープラス / 私塾 あさだ塾 の ブログ



ブログ訪問ありがとうございます!


「速読英語 6月 一か月間 無料キャンペーン」


一か月間 みっちりと体験してみましょう。

1回や2回の体験ではよくわからないと思っているキミ、今回は十分体験できます。



では、速読英語 ってどんな感じなのか説明します。


簡単に言うと「長文読解」練習です。


●初級(中学1年・2年レベル) ●中級(中学3年・高校1年レベル) 

●上級(高校2年・3年レベル) 

上記3つのコースは公立中学・高校教科書レベル


●高校入試対策  公立高校入試から私立特進高校入試レベル


●センター入試対策

●大学入試文系 ●大学入試理系

国公立大学から私立上位校レベル


●英検準1級~4級までの各コース

●TOEICコース

検定対策用のコースも準備しております。



この各コースの英語長文問題を各自のレベルにあわせて、パソコン画面を通じてやっていきます。




速読協会のホームページで動画も見てください。





当教室のやり方を具体的に説明すると


①前回やった問題の英単語練習と英単語テスト

②前回やった問題の*ディクテーション問題をする

③前回やった問題を速読トレーニングする

④前回やった長文演習を再度する

⑤新しい問題の英単語練習と英単語テスト

⑥新しい問題の長文演習をする

⑦新しい問題のリスニングをする

*英文を見ずに音声だけで英文穴埋め問題をしていく


このように前回やった長文問題を復習しながら、次の新しい問題をしていくスタイルを

とっています。


個人差がありますが、1回あたり60分前後になります。





この 速読英語 は簡単に言えば英文に「慣れる」ことが最大の目的です。


物事は「わかる」ことができれば「できる」と思っている方がいると思いますが、

それは間違いです。

頭でわかっていても体が動かなければできたことにはなりません。

「慣れている」から「できる」のです。


速読英語 は頭を使ってするシステムではありません。

ひたすら見て聴いて書いて、体を使って慣れていく。

そして慣れることによって速く読めて、速い決断ができていくのです。


週に2回受講し、1か月で約8回、1年で約100回となります。

つまり1年間で100問の英語長文を勉強することになります。

さらに3年間で300問、5年間で500問となります。

ここまで頑張ればかなり慣れることができます。


例えば、中学校3年生から高校3年生まですると

4年間で軽く300問以上経験でき、高校受験・大学受験対策もできます。


なお、英文法は 速読英語 では指導できません。

勉強コースで指導しますので、総合的に英語力アップを目指す場合は

速読英語+勉強コースをオススメします。




もっと詳しく知りたいと感じられましたら、遠慮なしに連絡ください。









#京丹後市

#学習塾

#速読教室

#あさだ塾








閲覧数:7回0件のコメント

Komen


bottom of page